内科,皮膚科,消化器科,心療内科,神田,千代田区,メラクリニック

  • ホーム
  • お知らせ
  • 医師のご紹介
  • 当院のご案内
  • 交通案内
  • 初診の方へ
  • 診療内容

ワクチン接種

 

右のQRコードを読み取っていただくと、当院の携帯サイトがご覧いただけます。

ホーム»  健康診断»  ワクチン接種

インフルエンザワクチン

 

メラクリニックは2017/2018シーズンのインフルエンザワクチン接種を平成29年10月1日より開始します。予約制となっています。電話などで予約の上来院ください。13歳以上はすべて1回接種となります。

平成27年より、インフルエンザHAワクチンが3価から4価に変更されています。

変更点は、A型株2種類とB型株1種類の合計3種類の3価ワクチンが、A型株2種類とB型株2種類の合計4種類の4価ワクチンになります。近年のB型インフルエンザの流行はB型(山形系統)とB型(ビクトリア系統)の混合流行が続いています。アメリカでは2年前より4価ワクチンとなり、世界の動向は4価ワクチンへと移行してきています。日本においても「ワクチン株選定のための検討委員会議」において、今年度より4価ワクチンへと変更することとなりました。

これに伴い、ワクチン原液のコストが1人分500円程値上がりし、それに伴いワクチン接種代金も1人分400円値上げせざるをえなくなりました。ご了承の程お願いいたします。

インフルエンザのワクチンは抗体ができるまで、3~4週間かかります。そしてその効力は5か月程持続します。インフルエンザが流行する1月までに抗体をつけておく必要があるので、12月中旬までに予防注射を受ける事をお勧めします。

今年のワクチン株は下記のようになっています。このワクチンの製造株の決定は、厚生省の依頼に応じて国立感染研究所が検討します。これに基づいて厚生労働省が決定し、5~6月に公布しています。

  • A/カリフォルニア/7/2009(H1N1)pdm09
  • A/香港/4801/2014(H3N2)
  • B/プーケット/3073/2013 (山形系統)
  • B/テキサス/2/2013(ビクトリア系統)
副作用について》

以前はワクチンの安定剤としてゼラチンが含まれており、これがアナフィラキシーショック等の副作用を起こす原因となっていました。しかし、最近のワクチンには、この成分は含まれていないので、このような副作用は起きなくなりました。

ワクチン接種後の局所の発赤・腫脹、だるさ、発熱がみられる事がありますが、2~3日で消失します。

■ 費用

 

13歳以上 1回接種

個人1人              3,600円

10人以上の団体1人       3,400円

 
  • 65歳以上の千代田区民で、区指定の予診表を持参した場合は、自己負担額は無料です。
  • 他区民の方でも、その区の予診表をお持ち頂ければ、その表記の負担額に応じて、当院で接種する事ができます。
ページTOPへ戻る

肺炎球菌ワクチン

日本人で4番目に多い死亡原因は肺炎です。この肺炎の原因の1位は肺炎球菌によるものです。又、下記のグラフのように肺炎による死亡率は、高齢者になるにつれ、急速に高くなっている事が解ります。

ですから、65歳以上の高齢者は早めに肺炎球菌ワクチンをうつ必要があります。又、心臓病慢性呼吸器疾患のある方・糖尿病の方・腎不全肝機能障害のある方は接種した方がよいでしょう。

アメリカでは65歳以上の方の45%がこのワクチンを接種していますが、日本人ではまだ1%弱にしかすぎません。

この注射は一年中いつ受けてもよく、一回接種すれば5年以上効果が持続します。

接種後まれに、注射部位の腫れ・痛み・軽い発熱がみられる事がありますが、日常生活に支障をきたすほどのものではありません。

接種料金      8,300円(自費の場合) 

千代田区在住で、区より予診・記録票を配布された方は、4,000円で受ける事ができます。(平成23年5月現在) 詳しくは千代田保健所にお問い合わせください。
東京都23区在住でその区の用紙をお持ちの方は、定期接種であれば、当院で接種することもできます。


尚、平成26年10月1日より全国規模で5年毎の定期接種を行う事になりました。区市町村より、予診票を含めた用紙が送られてきます。自己負担金は4,000円で受ける事ができます。23区以内であれば、千代田区以外の方でも、当院で受ける事ができます。

                                    

              

 

 

ページTOPへ戻る